Skip to main content

主な取扱業務分野は企業買収 (M&A)、一般企業法務、商取引全般、ジョイント・ベンチャー、及びプライベート・エクイティ。不動産関連の案件では不動産のバルクセール取引や複雑なジョイント・ベンチャーに重点を置き、日本、米国へ参入する企業向けにアドバイスを行っています。また、統合型リゾートやその関連施設などのホスピタリティ産業の案件についても、専門的な知識と経験を有しています。

日本及び米国市場へ進出するクライアントに対し、事業展開をしていく過程を法務面から支援してきた多彩な経験をもとに、日米主要企業を含む幅広い業界のクライアントを代理し、クロスボーダー取引、コーポレート・ガバナンス、規制及びコンプライアンス関連案件も手掛けています。

グリーンバーグ・トラウリグ外国法事務弁護士事務所入所以前は、大手国際法律事務所の東京オフィスやシカゴの法律事務所にて、主に日本企業を対象に複雑なクロスボーダーのM&Aに加え、一般企業法務と商取引全般の案件を取り扱っていました。

日本での実務経験が長く、日英での対応が可能です。また、東京の大手法科大学院にて講師を務めています。

  • M&A
  • クロスボーダー取引
  • 商品製造販売及びリース
  • ジョイント・ベンチャー

取扱分野

実績紹介

  • 米国製薬会社の買収(1.08億ドル取引)において日本の製薬会社を代理°
  • 米国コイルメーカーの買収(5500万ドル取引)において日本のインダクティヴ部品製造会社を代理°
  • 米国工作機械メーカーの買収(9500万ドル取引)において日本のボールベアリング製造会社を代理°
  • 日本物流会社への1500万ドル相当の株式売却において米国物流会社を代理°
  • 米国に本拠を置くアルミ押し出し加工組立会社の買収(1.55億ドル取引)に伴う組織改編において日本のアルミ製造会社を代理°

°GT東京法律事務所参画前の案件です。

受賞歴・所属団体

  • 第二東京弁護士会(外国法事務弁護士)
  • アメリカ法曹協会(米国イリノイ州弁護士)

学歴・資格・言語

学歴
  • 2013年 インディアナ大学ロースクール卒業 (J.D.取得)
  • 2013年 成均館大学校経営大学院卒業(M.B.A.取得)
  • 2006年 スタンフォード大学が運営するアメリカ・カナダ大学連合研究センター
  • 2003年 コーネル大学(Japanese Full-Year Asian Language Concentration Program)
  • 2002年 テネシー大学卒業(B.S.取得、最優秀賞
弁護士資格
  • 外国法事務弁護士(第二東京弁護士会)
  • 米国 イリノイ州
言語
  • 英語
  • 日本語